〒501-0513 岐阜県揖斐郡大野町大野819-5 お電話&メールは24時間受付中。電話に出られない場合は留守電にメッセージをどうぞ! 090-8158-0001

着物のたたみ方(本だたみ)

着物のたたみ方(本だたみ)

1.着物は向かって左側に身頃の上(頭部分)がくるように、広げます。

着物は向かって左側に身頃の上(頭部分)がくるように、広げます。

2.手前の脇線を折ります。

手前の脇線を折ります。

3.おくみ線を折り返します。

おくみ線を折り返します。

4.上前を下前と合わせます。

上前を下前と合わせます。

5.衿もしっかり合わせ折ります。

衿もしっかり合わせ折ります。

6.ピッタリおさまります。

ピッタリおさまります。

7.上前の脇線を、下前の脇線に合わせます。

上前の脇線は両手で持ち、手前の脇線と重ね合わせます。

上前の脇線を、下前の脇線に合わせます。

 

8.手刀をして、身頃を半分にたたみます。

手刀(身頃の中央をおさえます)

手刀をして、身頃を半分にたたみます。

9.袖を折り返して、完成。

袖を折り返して、完成。

10.文庫や、ウコンの風呂敷などに包んで、箪笥に収納。

■ルーチェ談

着物を保管するときに、ただしくたたんでいないとシワになり、次回に着るときに大慌てなんてことがよくあります。
実際アイロンをかけなおすこともよくあるんですよ。

よく見かけるシワの位置は、第1位は袖、第2位は上前の衿、第3位は上前の裾。
全て着姿に大いに影響がある個所ばかり。

きっちりたためば、次回も安心です。