〒501-0513 岐阜県揖斐郡大野町大野819-5 お電話&メールは24時間受付中。電話に出られない場合は留守電にメッセージをどうぞ! 090-8158-0001

この帯結びにはこの着物

この帯結びにはこの着物

この着物ってどういう時に着るの?
帯はどんなのを締めればいいのか、ややこしくてくわからない・・・
そんなお悩みをよく耳にします。
現代で最もよく締められる帯の代表格といえば袋帯と名古屋帯。
そこで、2種類の帯の特徴を生かした基本の帯結びと合せる着物についてご紹介します。

袋帯と名古屋帯の最大の違いって?

ここで、袋帯と名古屋帯の違いをご説明します。
袋帯と名古屋帯の最大の違いは、袋帯が二重太鼓なら、名古屋帯は一重太鼓で締めます。
また袋帯の帯幅が一定なのに対して、名古屋帯は手先から胴回りの帯幅を半分にして仕立ててあるものや、手先のみを半分に仕立て、自分の身長やお好みで胴回りの帯幅を変えられる平仕立ての2種類あります。
帯柄はお太鼓と胴回りの前部分に柄を施したポイント柄と、帯全体に柄を施した総柄との2種類に分けることができます。

■袋帯(丸帯)と帯結び

◆ミセスの装い

着る着物:
 留袖(ミセスの第一礼装)、訪問着、附下、色無地

着ていく場所:
 結婚式、祝賀会や式典、パーテイー、お宮参り、入学式、卒業式、お茶事、法要など

着物の特徴:
 ミセスの第一礼装と言われる留袖には5つ紋が施されており(家紋は、左右の肩下、背中心、左右の後ろ袖)、裾全体に絵羽模様が施されています。
 訪問着は着物全体に柄が施されています。
 色無地には背中心に一つ紋が施されることによって、幅広くお召しになることができ重宝な一枚です。

【二重太鼓】

帯結びのポイント:
 格調高く美しく結びたいものです。
 用いる帯の見分け方として帯の柄や刺繍に金糸銀糸が施されているものを用います。
 また帯や着物には絵巻物のようにストーリー性の高いものが多く、帯の柄合せをピッタリ決めるとより一層美しさと気高さが際立ちます。

5つ紋と裾様の留袖

5つ紋と裾様の留袖

全体に柄を施した訪問着で華やかに

全体に柄を施した訪問着で華やかに

格調高く美しく結ぶ二重太鼓は柄袷が肝心

格調高く美しく結ぶ二重太鼓は柄袷が肝心

◆ミスの装い

着る着物:
 振袖(ミスの第一礼装)

着ていく場所:
 結婚式、結納、祝賀会や式典、パーテイー、お茶事、初詣、卒業式、謝恩会など

着物の特徴:
 ミスの第一礼装、袖が長いのが特徴。

【ふくら雀】

帯結びのポイント:
 宮中の行事なでどよくお見かけするふくら雀は、福良雀とも書き、縁起の良い帯結びとされ、振袖帯結びの代表格です。
 ぷっくり丸々と肥えた雀は豊穣や富と繁栄を願う意味が込められているようです。
 気品あふれる豪華な帯結びです。

ふくら雀

ふくら雀袖

手先をアレンジして

手先をアレンジして

【文庫】

帯結びのポイント:
 ヒダはキッチリ二山半。
 浴衣の帯結びでもお馴染みの文庫は、左右の羽根を同じ長さにすることと帯が背中に密着していることが大切です。
 文庫の長さや大きさは身長によって様々。
 優しげな後姿に魅了されますね。

文庫

文庫

文庫アレンジ

文庫アレンジ

【立矢】

帯結びのポイント:
 左右両手使いの立矢結び。
 江戸時代、大奥の腰元が結んでいた立矢結び。立矢の字とも呼ばれます。
 大きな蝶結びを肩から腰にかけて斜めに背負った様の立矢姿は、羽根が右肩から左腰の方向だったり、左肩から右腰の方向と2種類見かけます。
 これは、腰元が屋敷内で過ごすときと、外出する時とで帯の締め方を分けていたからだそう。
 ひとたび外出すれば、懐剣を手に戦うこともあったのでしょう。
 その時の蝶結びの背負い方が現代の立矢になっているようです。
 凛々しくも美しい立矢はバランスが肝心です。

立矢

立矢

立矢アレンジ

立矢アレンジ

■名古屋帯と帯結び

着る着物:
 小紋、紬などの自然素材の織の着物、ウール等

着ていく場所:
 観劇、お食事会、趣味やお友達との集まり、弔事

着物の特徴:
 小紋などの染めの着物から、紬などの織の着物などカジュアルに装います。
 また弔事などでは、控え目で着装に時間のかからない名古屋帯を締めます。

※金糸銀糸の入った織の名古屋帯の場合は、付下げや色無地にも締めることができ、パーテイーやお茶会事の席にも用いられます。

【お太鼓】

読谷山花織にポイント柄の名古屋帯

読谷山花織にポイント柄の名古屋帯

片貝木綿の単衣と木綿の名古屋帯

片貝木綿の単衣と木綿の名古屋帯

ちりめん小紋に名古屋帯、奇抜な半衿で印象深く演出

ちりめん小紋に名古屋帯、奇抜な半衿で印象深く演出

【角だし(銀座結び)】

小粋な後姿で軽快な装い

小粋な後姿で軽快な装い

その他のルーチェスタイル帯結びはコチラからご覧いただけます。