ラクで素敵な着付け専門【岐阜・大垣】 岐阜地区、西濃地区の出張着付けはお任せください。アナタにお似合いのラクで素敵な着付けをします。

お知らせ

ルーチェの着物着付けは6周年を迎えました。

皆様こんにちは。

 平素はルーチェの着物着付けをご利用いただき誠にありがとうございます。5周年の挨拶と思いは同じ、多くの着物好きなお客様に支えられ、この日を迎えることができたことを心より感謝いたします。

ルーチェスタイルの半襦袢と裾除けのリリース

 着物を着るときに「こんなのあったらいいな」を実現しました。

 10年以上前の話になりますが、和裁教室に通っていたころ、和裁の初歩である半襦袢を和裁の先生が「何枚作れば気が済むの」というくらい縫い続けたこと。

 決して覚えの良い方ではない私ですが、汗を掻いても洗濯ができ、着姿で肝心な襟元のオシャレを存分に楽しみたいという思いは変わらず、そのうち半襦袢や長襦袢の寸法、着物の種類によって異なる寸法の理屈も体得しました。

 それと同じころ、着付け教室では「着物の着付けの良し悪しは、長襦袢の着方で決まるもの」と教え、特に襟元が美しい着付けを心がけました。
 
 現在も変わりなく心の片隅に思い描くのは
   「着心地がラク、着崩れがまるでなく、メンテナンスもラク」=着物美人でご機嫌なアナタ

 着付け教室からは離れてしまいましたが、出張着付け専門に生業が変わっても、究極はご自身で着物がラクにいつでも着る事ができることにつきます。

 これまでの、さまざまな道のりやルーチェの着物着付けのお客様を着付けるたびに得るノウハウから、肌に優しく夏はもちろん、着方によっては年中着用できる半襦袢と裾除けを開発並びに完成の運びとなりました。

 半襦袢は「ルーチェのお着楽襦袢」
 裾除けは「ルーチェのおこしやす」
 と命名しました。

 付け加え、ルーチェのお着楽襦袢はノウハウも含め意匠登録しました。

 意匠登録 第1638734号
      第1638735号

 その内容は以下の通りです。

 【意匠に係る物品の説明】
 本物品は、着物の中に着る半襦袢で、両脇に付加された布部を有する。両脇の布部は、身幅はもとより、身八ツ口と袖のツッパリを解消でき、腕の可動域が大きく広がるという機能を有する。かつ衣紋抜きと胸元の補正の役割を兼ね備えた胸に巻くベルト部を有する。胸に巻くベルトは、すっきりした胸元、襟元の着崩れ防止、衣紋抜き、背中にポケット状の隙間を設けて補正や汗取りを機能も併せ持つ。

 形とアイデアがつまったお着楽襦袢と、骨盤着付けに着目した裾除けのおこしやすは、現在、出張着付けできるエリアのお客様に実際に着用いただいており、天然素材の麻と綿だから夏は涼しく、冬場は暖かく、通年を通して着心地に温もりがあるとのご感想をいただいております。

 まもなく商品としてこのサイト上で皆様にご案内を予定しておりますので、ご興味がある着物好きなアナタの手元にお届けできることを望みます。

 7年目に入り、ますますユニークなアイデアでルーチェスタイルの着物着付けを皆様にお届けする所存です。

 今後ともルーチェの着物着付けを宜しくお願いいたします。
 末筆ながら皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

令和 元年11月13日
ルーチェの着物着付け
代表 児島 満里子

-お知らせ