ラクで素敵な着付け専門【岐阜・大垣】 岐阜地区、西濃地区の出張着付けはお任せください。アナタにお似合いのラクで素敵な着付けをします。

ルーチェの着物ごよみ

2017年7月夏紬と博多帯

7月になりましたね
日本列島は梅雨のさなか
紫陽花やユリの花が見事に咲きならび、
雨の恵みに感謝します。

夏になると透け感のある、絽や
シャリ感たっぷりの紗や麻などの着物を楽しみますが
7月はじめは、透け感がまだ気恥ずかしく
西陣織の夏紬で外出しました。
あるホテルの
大きな鏡を前に自撮りを頑張りました。

西陣といえば、錦の帯で有名ですが
西陣織の紬着尺は細めの糸使い。
きめ細やかな反物は夏紬でも透け感がほどよく、
とっても軽く7月初めと晩夏には好んで袖を通す一枚です。

 

帯は博多織の8寸名古屋
一見無地に見える薄桃色の帯も
経緯さまざまな色の糸を絡めた織りで艶と光沢が際立ちます。

帯揚げは薄物
帯締めは、帯と類似 トンボ玉と帯揚げ色目を
同一にしてアクセントにしました。
この夏紬にはいつもこのコーデイネート

夏はちゃっかり半襦袢で
長襦袢は肌襦袢兼用のレース半襦袢を着用。
一枚でも少ない着用でスカッと装います。

袖のレース部分が透けて見えるかなと危惧してたのに、
西陣の綿密な織で全く透けませんでした。(これはスゴイことです)
なので、毎年好んで着続けるのです。

おともは
・西陣織の夏紬
・博多帯(ルーチェ縫製)
・絽の帯揚げ
・帯の色とお揃いの平織帯締め
・トンボ玉帯留め(ルーチェ作)

-ルーチェの着物ごよみ