ラクで素敵な着付け専門【岐阜・大垣】 岐阜地区、西濃地区の出張着付けはお任せください。アナタにお似合いのラクで素敵な着付けをします。

ルーチェの着物ごよみ

2021年10月息子の袴姿

朝夕すっかり冷え込む季節となりました。
黄金色の田んぼでは稲刈りの真っただ中。
特産の柿も早生品種が出回り、採れたての恵みをいただく、
待ちに待った食いしん坊の季節となりました。

このころになると七五三詣の着付けのご依頼も続きます。

元気いっぱいの子供たちの成長の姿は嬉しくもあり、
たくさんのパワーのお裾分けもいただきます。


袴大好きの息子

一人息子も随分前に、5歳の袴着をしました。
時期を同じくして、NHKの大河ドラマでは二刀流の使い手が画面を賑わし、
息子もテレビの前でプラステイック製の刀を背負い、
左側のズボンのベルト通しに、小太刀(プレステイック)をおさめ、
ごっこ遊びの連日。
七五三詣では、袴姿にご満悦。

朝から寝る前まで着たまま過ごしていました。

息子の七五三


剣道着

その流れで、幼稚園の最年長から剣道を習い始め、約10年間。
一週間の半分以上は剣道三昧。
背筋の通った正座に袴姿もさまになってきました。


着物卒業宣言

高校進学を期に、息子は「もういいだろ」と剣道を辞め、
着物を着る事もこれでおしまいと、卒業宣言をしました。
あれだけ好きだった刀も、袴も十二分に堪能したようでした。
それからというもの、成人式もスーツで参加、
結婚式でもない限り息子の袴姿は拝めないと大方あきらめていました。


きっかけは袴着付けのご依頼

先日とても特殊な袴の着付けのご依頼を授かることとなりました。
意を決して、息子に袴着付けの練習にモデルを頼むとあっさりと手伝ってくれました。

約6年ぶりの我が家。息子の心情も変わったのかな。

そのうえ、画像も撮ろうと提案してくれ、
予想もしていない言葉にワクワクが止まらなく
私の下手くそな撮影ではありますが、
沢山の画像を納める事が叶いました。
まるで前撮り撮影です。

袴は少し短いけれど、剣の道を志していた頃の佇まいが見て取れ、成長した大人の息子。

大きな記念日となりました。
嬉しい気持ちをここに記します。

 

-ルーチェの着物ごよみ