ラクで素敵な着付け専門【岐阜・大垣】 岐阜地区、西濃地区の出張着付けはお任せください。アナタにお似合いのラクで素敵な着付けをします。

ルーチェの着物ごよみ

2016年10月葡萄鼠の琉球小紋とスカーフ

金木犀の香が漂うこの季節。
汗ばむ陽気もどこへやら。
朝夕の涼しさから、着物選びも躊躇はご無用
心置きなく着物を楽しむ季節の到来ですね。

kimonogoyomi201610_01

 


思い出深い形見の着物

神無月になったら、袖を通そうと
心待ちにしていた、古琉球柄の小紋
葡萄鼠の地色が珍しく、生地の重厚さも手伝って
よそ行き感覚の着心地が、女性らしさを醸し出すのは
丹後ちりめんならでは。
亡母の好きな着物でした。
半襟は白地にすることで、顔色の発色も良く、
着物姿もより一層引き立ちますね。

kimonogoyomi201610_02

 


丈の短い着物だから腰ひもが肝心

身長差が8センチと、形見の着物はどれも丈が短め
腰骨の位置と、舟底型になるおはしょりの出具合を
気に掛けながらの着付けをします。
補正も腰回りは極々少なめに。

kimonogoyomi201610_03

 


スカーフの出番

紺色の帯揚げの代わりに
スカーフを代用してみました。
大判だから、十分役目を果たしてくれます。
洋服にとどまらず
着物のアクセントとして大活躍ですね。
小紋は遊び感覚で装うのがルーチェ流
色使いは勿論のこと、洋服の小物も思いつくままに
使いまわします。

kimonogoyomi201610_04

 

気負わず着物をもっと楽しみたいものです。

おともは
・葡萄鼠の古琉球小紋
・伊羅保色に花柄の名古屋帯
・紺色のスカーフ(帯揚げとして)
・鳥の子色の三部紐
・やもりの帯留め

-ルーチェの着物ごよみ